Y.S君その後

今回、Y.S君から一時帰国するとの連絡を受けた阿相はY.S君と会う約束を取り付けた。
今回は阿相の教え子を含めてパーティーを行う事を告げたのだが、彼は教え子にとても興味を示してくれた。

一時帰国を果たした彼の印象は随分と変わっており、明るくとても社交的で教え子たちとも会って直ぐに
打ち解けることができた様子だった。
Y.S君の現地での様子や行動は聞いていたが、ここまで良いとは驚いた。

教え子たちと趣味や、身近な出来事、オーストラリアの様子や、自身の心情を話す中で彼はこう語った。

半年前と比べて自分は変わりましたよ、何事にも積極的になったし、行動することの大切さが
わかったんです。前の自分だったらこういう集まりは面倒くさくて絶対参加しなかったですよ。

元々、好奇心は強い性格は感じていたが、それを阻む遠慮や怠惰から来る敬遠が影を潜めた。
積極的に取り組み、一歩を踏み出すことを恐れない彼には物事を纏める立場がよく似合っているように
思う。

さらに続く会話の中で彼は現在の目標を語ってくれた。

彼は今、教職員を志している。

2019年11月14日