TOP

最新のお知らせ


2018年10月19日 : : G君の場合
14歳の不登校の男の子のG君。アスペルガーと自閉症の為、同年代の学生と上手くコミュニケーションが取れない為...
全て表示

2018年10月19日 : : F君の場合
最初に彼の興味があるものが把握できなかったので、家庭教師を派遣するという名目で大学生を派遣。ところが勉...
全て表示

2016年12月27日 : : Y君のオーストラリア留学
外国へ1度も行ったことがないいY君。まして大学は卒業したものの、全く興味がない英語圏へ2週間という短期で...
全て表示


“子供達との絆を深め、新しい世界の旅立ちへ”

代表挨拶

子供が減少しているのにも関わらず、不登校生の数は16万人と増加し、さらにニートはこの10年間で165万人とそれ以前の10年間の倍のスピードで増え続けています。改めて大きな社会問題だと痛感します。
しかしながらそれらの子供達の親はどのように子供と向き合って良いのか?誰に相談したらいいのか?分からないまま月日だけが過ぎていくのが現状だと考えられます。
そこで我々はなるべく彼らが若いうちに、経験豊富な専門カウンセラーを手配し、親に代わり直接子供達に向き合い、オーストラリア留学という手段で自立支援につなげて、数多くの不登校生とその予備軍を救って参りました。


メニュー